おまとめローンは総量規制から外れる理由

総量規制とは、貸金業法で決められているお金を借りる上限のことです。年収の3分の1以上の借金ができないというものですが、貸金業法でも、この総量規制から除外されるローンがおまとめローンという商品で、いくつかある消費者金融や銀行のローンを、一社に借り換え、一本化して返済を行います。


総量規制対象から除外されるローンは金額が大きくなるもの

おまとめローンでは、複数から借りている人が返済の負荷を減らすために利用することから、融資の希望金額も大きくなりやすいものです。そのため、総量規制の法律を適用してしまうと、利用できなくなってしまう人が増えてしまうそうです。また、ローンをまとめるので、新しく借金が増えるというわけではないこともあり、総量規制には当てはまらないそうです。


申し込みは早めに

総量規制に引っかかる場合でも利用できるおまとめローンは、その分だけ、ローンの審査や手続きが複雑になっていると言われているそうです。そのため、このローンを利用することを考えている人は、なるべく早めに審査を申し込む方がいいと言われています。実際にお金を借りないこともあるので、新規ローンだという認識は少ないそうですが、返済先が変わり、新しい契約を結ぶことは忘れないようにしましょう。