消費者金融での借り入れは総量規制に注意

消費者金融で高額のキャッシングを検討している方は、総量規制のことを考えなければいけません。
なぜなら、消費者金融は総量規制の対象で、年収の3分の1を超える借り入れをすることができないように決められているからです。
それでは、なぜそのような規制があるのでしょうか。


総量規制は利用者のストッパー

貸金業法によって、消費者金融を含む一部の貸金業者には総量規制があります。
なぜなら、借りすぎによる多重債務に陥るのを防ぐためだからです。
複数の貸金業者から借り入れをすることを多重債務といいますが、総量規制ではこの金額が年収の3分の1を超えないように定めています。
これによって、利用者が借金を借金で返してしまうことや、悪質な貸金業者に騙されても法外な借金を背負わされてしまうことを未然に防いでいるというわけです。


総量規制の対象外である銀行

それでは、年収が低い場合は高額のキャッシングを利用できないのかというと、そうではありません。
なぜなら、銀行は総量規制の対象外なので、3分の1を超えてお金を借りることができるからです。
消費者金融よりも、金利が低いことや借入限度額が高いことが銀行の特徴です。
しかし、その分審査が若干厳しいことや、返済の遅延などには非常に厳しいという面もあります。