総量規制がどのようにして生まれたかご存知ですか?

総量規制とは年収の3分の1を超える額の融資を行うことが出来ないという貸金業界のルールのことですが、2010年に改正された貸金業法によって制定された債務者を守るためのルールのことです。
しかし、中にはこの総量規制によって融資を受けることが出来なくなるなど、一部の方たちにとっては希望する融資を受けることが出来ないといったデメリットもあります。
そこで、今回はこのルールが決まった理由について分かりやすくご紹介致します。


総量規制は2010年に決まった新しい金融業界のルールです

上記のように総量規制とは2010年に決められた貸金業界の新しいルールです。
2010年の貸金業法の改正以前はグレーゾーン金利が横行しており、多重債務者が続出するなどキャッシング全体に悪いイメージが蔓延していました。
しかし、この2010年の貸金業法改正以降はグレーゾーン金利も撤廃され、総量規制の登場もあり返済不能に陥る人の数も大幅に減少しました。


年収のない方は銀行系のカードローンをご利用ください

しかし、だからといって年収の3分の1を超える融資を受けられないというのは厳しいと感じる方も多いかもしれません。
特に年収のない方は融資を受けることが出来なくなってしまうのでお困りの方も多いでしょう。
そんな方は銀行系のカードローンを利用してみると融資を受けることが出来るかもしれません。
銀行は貸金業ではないので上記の総量規制にも対象外となっているのです。
そのため、たとえ年収のない方でも返済能力があると認められた場合には融資を受けることが可能となっています。