総量規制はあるべきもの

確かに総量規制はあってしかるべき法律です。消費者金融は誰でも大歓迎というスタイルでお金をどんどん貸しているため、このように規制をしなければ借金でのたうち回る人間がどんどん増え、貸金業自体がダメ人間育成機のようになってしまうからです。

しかし総量規制があると出来ないこともあります。マイホームをキャッシュで買えるのであれば良いですがそううまく行くことも少ない世の中です。今この瞬間お金を持っていなければマイホームすら手に入らないとなれば、そりゃお金が全てという思考にもなりますよ。


総量規制を掻い潜る

銀行や農協は総量規制の対象外になるため、年収に関係なく借り入れをすることが出来ます。消費者金融は対象になるため出来ません、それは先ほど述べた通りダメ人間が増えないように抑制させるためです。
ではマイホームを持つためには総量規制を掻い潜ってお金を借りなければならない訳ですが、正直この総量規制はあって良いものだと思います。掻い潜ることが出来るのですから買えないものはなくなります。消費者金融側にとってはたまったものではありませんが。

自分がマイホームを建てるとなるとお金が必要で、そのお金は借りたとしても必ず自分の手で稼ぎ出さなくてはなりません。そう考えると金利が安い銀行や農協の方が長期運用にも向いているのでベストな訳ですね。


結局は自分の価値観次第

人の物差しはとても複雑であり全く同じものはないのです。総量規制は片方からしてみればとても大切なもので、もう片方かたしてみればとても邪魔なものになります。
世の中金が全てという訳ではありませんが、自分の欲しいものやお金にまつわる制度を調べると、全てがお金の上に成り立っているように見えてなりません。お金がなくても出来ることはあるのにお金のことだけを見るとそれだけしか目に入らなくなります。愛は買えないとどこかで聞いたことがありますが、今はそれも買えるそうですから。

大きな買い物は計画をきちんと立てて無駄にお金を借り過ぎないように気を付けましょう。最後に全てを決定するのは自分の判断です。とても厳しい言い方をすると総量規制対象外だからと言って無駄なことにお金を使ったり返済が出来なくなったりしてしまうのは管理が甘く誘惑に負けやすいからとも言えます。

全員が全員きちんとしたお金の借り方をすることが出来れば、総量規制なんて制度は作らなくて良かったのです。自己破産などの債務整理をしなくてすむよう自分のお金の借り方にはしっかりと責任を持ちましょう。