総量規制は大切なものですか?

総量規制は、お金に対してルーズな人にとってはとても良い制度だとは思いますが、中には生活するためにお金を借りている人もいますよね。
できれば、そういった人達が困ってしまわぬよう、もう少しこの制度を変えることが出来たらいいのですが、なかなかうまくいきません・・・。
遊ぶためにお金を借りている人に対しては、厳しくした方がいいと思うのですが生活を維持するために借りている人はやはり、少々厳しすぎるのではないか、なんて思ってしまいます。


総量規制はこんな人に必要

総量規制が出来たのは、自分の返済能力を超えた借入をして結局返済が出来ず、借金地獄になってしまうといった事態に陥ることを防ぐ為に作られたものです。
ですから、お金にルーズな人やむやみに借入をしている人にとっては重要なものだと思います。
しかし、逆を言えばそういった人のせいで関係ない正しく利用している人たちが困ってしまいます。
この葛藤がいつか解決すればいいのですが、まだまだ先になりそうですね。
ただ、銀行が総量規制の対象外になりますのでそちらでしたら年収の3分の1以上の借入が可能ですから、そちらに頼ってみるのがいいですね。


対象外って銀行だけ?

総量規制の対象外になっているのは、銀行だけではないのです。
住宅ローンや医療費ローンなども対象外となっていますから、そちらの心配はしなくても大丈夫。
また、銀行だと審査が厳しいのでは?と思っている人も多いようですが、そんなに厳しくはないので安心して受けて良いでしょう。

参考:フリーローンとは?