おまとめローンは総量規制から外れる理由

総量規制とは、貸金業法で決められているお金を借りる上限のことです。年収の3分の1以上の借金ができないというものですが、貸金業法でも、この総量規制から除外されるローンがおまとめローンという商品で、いくつかある消費者金融や銀行のローンを、一社に借り換え、一本化して返済を行います。


総量規制対象から除外されるローンは金額が大きくなるもの

おまとめローンでは、複数から借りている人が返済の負荷を減らすために利用することから、融資の希望金額も大きくなりやすいものです。そのため、総量規制の法律を適用してしまうと、利用できなくなってしまう人が増えてしまうそうです。また、ローンをまとめるので、新しく借金が増えるというわけではないこともあり、総量規制には当てはまらないそうです。


申し込みは早めに

総量規制に引っかかる場合でも利用できるおまとめローンは、その分だけ、ローンの審査や手続きが複雑になっていると言われているそうです。そのため、このローンを利用することを考えている人は、なるべく早めに審査を申し込む方がいいと言われています。実際にお金を借りないこともあるので、新規ローンだという認識は少ないそうですが、返済先が変わり、新しい契約を結ぶことは忘れないようにしましょう。


総量規制の問題点について

総量規制がすでに施行されていますが、やはり問題点も多々あるようです。
借りられない人が急増してしまって、その結果闇金融を利用してしまう人も増えてきてしまっているみたいなのです。
確かに、お金を貸してもらえなかったらそうなってしまいますよね。
また、借りたくても借りる事の出来ない人達、つまりサラ金難民と呼ばれている人たちが多いこともニュースで取り上げられていました。
きちんと返済をしていない人やむやみに借入をしている人たちを規制できるのは良いですが、そうではない人達にとってはとても苦しいものだと言えますね。


総量規制は今後どうなっていく?

今の時点で総量規制が少々問題になっていますから、今後は見直しが必要だと思いますね。
現在サラ金難民になっている人たちが安心して再び利用できるように、何か改善策を出してくれるといいのですが・・・。
しばらくは時間がかかりそうですから、総量規制の対象外である銀行に頼るしかないですね。
せめてもの救いは、対象外があることだと思います。


サラ金難民とはどんな人?

サラ金難民は総量規制の対象外を利用することしかできません。
ちなみに、サラ金難民とは専業主婦や非正社員、個人事業者のことを指します。
収入の無い専業主婦は、今後夫の同意がないと貸付を受ける事が出来ないのです。
非正社員の人は年収が少ないので、その分借りられる金額もすごく少なくなりますし、個人事業者も審査が厳しくなります。
もう少し規制が変わってきたらいいのにな、なんて思ってしまいますね。


総量規制は大切なものですか?

総量規制は、お金に対してルーズな人にとってはとても良い制度だとは思いますが、中には生活するためにお金を借りている人もいますよね。
できれば、そういった人達が困ってしまわぬよう、もう少しこの制度を変えることが出来たらいいのですが、なかなかうまくいきません・・・。
遊ぶためにお金を借りている人に対しては、厳しくした方がいいと思うのですが生活を維持するために借りている人はやはり、少々厳しすぎるのではないか、なんて思ってしまいます。


総量規制はこんな人に必要

総量規制が出来たのは、自分の返済能力を超えた借入をして結局返済が出来ず、借金地獄になってしまうといった事態に陥ることを防ぐ為に作られたものです。
ですから、お金にルーズな人やむやみに借入をしている人にとっては重要なものだと思います。
しかし、逆を言えばそういった人のせいで関係ない正しく利用している人たちが困ってしまいます。
この葛藤がいつか解決すればいいのですが、まだまだ先になりそうですね。
ただ、銀行が総量規制の対象外になりますのでそちらでしたら年収の3分の1以上の借入が可能ですから、そちらに頼ってみるのがいいですね。


対象外って銀行だけ?

総量規制の対象外になっているのは、銀行だけではないのです。
住宅ローンや医療費ローンなども対象外となっていますから、そちらの心配はしなくても大丈夫。
また、銀行だと審査が厳しいのでは?と思っている人も多いようですが、そんなに厳しくはないので安心して受けて良いでしょう。


総量規制は必要な人もいる?

総量規制は年収の3分の1以上の借入が出来ない制度なのですが、これは人によって変わってくることだと思います。
ただ、お金にルーズな人にとっては必要な制度だと個人的に思うのですが、皆さんはどう思いますでしょうか?
ルーズな人は本当に使いすぎてしまって、後々返済が追い付かなくなってしまって困るのではないでしょうか。
借金をして返済が出来なくなってしまうという事のないように、設けられたのがこの総量規制。
皆さんはどう思いますでしょうか?


総量規制について詳しく知りたい

総量規制について詳しく知りたいと思っている人も中にはいるのではないでしょうか?
そういう人は、ネットやパンフレットなどで事前に色々調べてみるのが良いですよ。
充実していますから、多々情報が出てくると思いますのでご覧になってみて下さい。
そのサイトによっては、総量規制の対象外についても紹介してくれているのでわかりやすくて良いですよ。
きちんと知っておくことで、自分がいざクレジットなどを利用する時にスムーズになるのではないでしょうか。


気を付けておきたいこと

総量規制について気を付けておいてもらいたいことが、その金融機関一か所に対して年収の3分の1以上の借入が出来ないのではないという事です。
他社から借入している金額を含めた年収の3分の1以上の借入ですので、ぜひ覚えておくようにしてもらえたら嬉しいです。
勘違いしている人も中にはいるのではないかと思いますので、しっかり理解しておきましょう!


総量規制は人によって大きく異なる?

総量規制というものがありますが、これは人によって大きく変わってくるものだと思います。
年収が多い人は大して困らないと思うのですが、年収が少ない人にとっては借入できる金額が少なくなってしまいますので苦しくなってしまう可能性があります。
確かに、あまりにも借入をして借金だらけになってしまう人もいますが、中にはしっかりしている人だっています。
そう考えるとなんだか少し不公平な気もしますね・・・まぁ、仕方のない事なのでしょうが。


総量規制は見直すべき?

上記で話した通り、生活の為に現金を借りている人たちにとって総量規制というのは非常に煩わしいものなのではないでしょうか?
ただ、遊ぶためにお金が欲しくて借りている人は規制があってもいいと思いますが、そうではない人も中にはいますので、そういった人のことを考えると見直すべきなのではないかなと思います。
あくまでも個人的にそう思っているだけですので、そうなのかと思ってもらえるだけで構いません。


意見を聞いてみよう

最近では、質問投稿サイトがありますのでそちらに総量規制についての疑問などを投げかけてみるのも良いでしょう。
多くの人が利用しているサイトだったら、答えてくれる人も多いはずです。
疑問だけではなくて、こういう風に思っているのだけれど・・・と話して意見を求めてみるのもいいですね。
もしかしたら、自分では見えなかった物事を教えてもらえるかもしれませんよ。


総量規制って何ですか?

皆さんは、総量規制という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?
これは、年収の3分の1以上の借入が出来なくなってしまったという事なのです。
なぜこの制度が出来たのかといいますと、自分が返済できる金額を超えた借入をして借金地獄にならないためだと言われています。
きちんと返済が出来るようにこの制度が作られたんです。
クレジットや消費者金融、信販会社や事業者金融会社がこの対象になるそうですよ。


総量規制についてもっと知りたい

総量規制についてもっと詳しく知りたい人は、ネットで検索をして調べてみて下さいね。
最近では情報が充実しているので、色々調べることが出来ますよ。
クレジットなどを利用する前に、しっかり覚えておくのがいいですね。
何も知らずに契約などをして利用するのはやはり危ないので、事前に調べられることは調べておくようにしましょう。
年収が少ない人は、その分借入出来る金額も少なくなりますが、きちんと理解をして受け止めましょう。


どこの金融機関を選んだらいい?

どこの金融機関にも総量規制がありますので、選ぶ時には審査の早さや即日融資をしてもらえるのかどうか、または金利で比較をしてみるのが良いかもしれませんね。
自分が納得した場所を利用するのがベストなので、色々比較をしてじっくり決めてみてはどうでしょう。
中には、総量規制の対象外の所もありますからそういった場所を探して利用してみるのも良いと思いますよ。